しずてつジャストライン > 運輸基幹職 > 先輩社員の声/中村 美咲
中村 美咲
MISAKI NAKAMURA
2018年入社
西久保営業所バス運転士
しずてつとの出会い
しずてつとの出会い

自分はどんな風に働きたいんだろう?と考えていた大学時代、父からこんな言葉をもらいました。「どんな仕事に就くにしても、会社がどのような業務でお金を稼いでいるのかをきちんと知ることが大事」。そんな折に出会ったのが、しずてつジャストラインの運輸基幹職です。父が運送会社に勤めていることもあり、幼い頃から大型車の運転に憧れを抱いていた私は、「大きな車を運転できて、現場も経験でき、地域の方々のお役に立てる仕事があるなんて!」と思い、すぐにエントリー。入社後の研修を経て、現在西久保営業所のバス運転士として勤務しています。

1日のスケジュール
Time Schedule

06:00
出社、点呼

この日は朝からお昼過ぎまでの早番。出社後は始業点呼で気持ちを切り替え、ハンドルを握ります。

06:25
運行開始

朝のラッシュ時は渋滞するうえ、歩行者や自転車も多いため緊張しますが、落ち着いて運転することを心がけています。9時ごろに一旦営業所に戻り、少し休憩して再び乗務へ。

11:00
休憩

2時間の休憩タイム。昼食をとった後は女性休憩室でお昼寝します。疲労回復も大切な仕事のひとつです。

14:50
入庫・退社

給油や車内の忘れ物確認をした後、終業点呼を受けて退社します。今日も安全な運行ができました。

ペーパードライバーからバス運転士になれました

実は入社するまで、ほとんど公道を走ったことのないペーパードライバーでした。しかもAT限定免許だったので、内定後に急いでAT限定解除の教習を受けたことを覚えています。入社後は丸子営業所にある教育センターに配属され、そこでみっちり教習を受けました。まずは大型二種免許を取得するために自動車学校に通い、その後は教官に同乗いただき実際の路線を走ります。すべてが初めての経験で、失敗も多く……。人一倍手のかかる教習生だったと思います。だから「卒業検定」に合格したときは、本当にうれしかった!今の私があるのは、丁寧にご指導くださった教官や先輩方のおかげです。まわりの人たちが、未経験の私をプロのバス運転士に育ててくれました。

女性が働きやすい職場だな、と実感しています

運輸基幹職をはじめとする多くの職種で、女性が活躍しています。その秘密は、男女隔たりなくキャリアを形成できること。出産・育児・介護などに関わる社内制度がオープンで明確なこと。それと、お客様に好感を持たれるメイク講座なんていうのもありました。今、配属されている西久保営業所で特に嬉しいのは「女性休憩室」が充実していること。綺麗なキッチンやシャワールームがあることに加え、セキュリティが万全なので、安心して休め、次の運行に備えられます。また、西久保営業所長は全国のバス運行営業所で初の“女性所長”。そのような環境が「女性が働きやすい職場だな」と感じさせているのだと思います。

プロとしての自覚と、将来やってみたいこと

運転士となってすぐの頃、「私はバスがないと移動ができないの、いつもありがとう」、そうおっしゃって降車されたご高齢のお客様がいらっしゃいました。とてもうれしかったのと同時に、自分たちの仕事の大切さを痛感。私はバスを運行するプロなんだ、と自覚した瞬間でもありました。また運輸基幹職は、運転士としてキャリアを積んだ後、その経験を活かし、マネジメントに携わります。そうなったときは、よりお客様に喜んでもらえる仕組みをつくっていきたい。もしかしたら女性目線でできることも多いかもしれない。そう考えると、今からワクワクしてきます。