しずてつジャストライン > 養成バス運転士 > 先輩社員の声/平賀 優也
平賀 優也
MASAYA HIRAGA
2020年入社
西久保営業所 養成バス運転士(事務)
しずてつとの出会い
しずてつとの出会い

静岡県下田市出身です。高校入学後に進路を考える中で、大型車の運転に関わる仕事に就きたいと考えていました。大型車の仕事には色々なものがありますが、バスの運転士を選んだのは、お客様と直接触れ合えるから。
私は人と関わることのできる接客が好きなので、そんな私にバスの運転士はピッタリだと思ったんです。また、静岡県内のバス会社の中で、養成運転士の制度が一番充実しているのがしずてつジャストラインだと思い、入社を決めました。運転士になったあとのキャリアプランも明確で、目標を持って仕事をしていけると感じました。現在は当社の寮制度を利用し、通勤しています。

1日のスケジュール
Time Schedule

08:50
出勤

前日の路線バスの売り上げ金の精算をした後、本社へ報告するために、日報を作成します。

10:00
運転士さんへの配布物の準備、整理

健康診断のお知らせや、グループ各社からの案内など営業所で働く人全員に配布をします。なかなか営業所にいる時間が少ない運転士さんのために、できるだけ早く・正確にお知らせできるよう励んでいます。

12:00
休憩

営業所の食堂で昼食を食べるときは、いつも運転士さんや整備士さんたちと話したりしています。毎日お昼の時間はとても楽しみにしている人が多いです。

13:00
運転士の乗務記録の整理

営業所では運転士たちが日々運転した際の記録を保管しており、その整理をします。

15:00
バス停の管理作業

バス停に異常がないかの確認や、新しい時刻表の掲出などを行います。

17:00
振り返り

その日1日を振り返ります。このタイミングで明日の準備もします。
17:25退社。

多くの人に支えられて、バスは走る

養成期間中は、大型二種免許取得のための勉強をしながら、整備や事務、そして社会人としての基礎知識など、さまざまなスキルを習得します。時間をかけて大切に育ててくれるのだなと感じます。事務の研修では、バスの運行や会社の運営などに関わる業務を幅広く経験します。「バスってこんなに多くの人たちに支えられて走っているんだ」と、驚きとともに「運転士になってからもこの気持ちは忘れないようにしなければ」と思いましたね。事務は運転士さんと直接関わる機会が多いので、自分が目指している運転士さんたちから色々な話を聞いたり、普段の様子なども見ることができ、刺激になります。

どんな知識や経験も、運転士に役立つ

私は、静岡市から少し離れた地域に住んでいたので土地勘がなく、最初は苦労することも多かったです。標柱の管理作業(掲出物の掲示、時刻表の貼り替え、保守など)の際に色々な場所に行き、道を覚えたりしていました。「いつか自分もこの道を走るんだ」と今から楽しみで仕方ありません。標柱作業では細かい部分までチェックするので、これまで気にも留めなかったような小さな発見がいくつもあり面白いですね。どんなことも運転士になったときに役立つような知識や経験になるので、養成期間は大事に過ごしていきたいと思います。

オンとオフのメリハリがある職場

仕事中は緊張感がありますが、休憩になればみんなとても仲が良く、オンとオフのメリハリがある職場だと思います。所内はとてもアットホームな雰囲気です。私が新入社員だった頃も、先輩たちがいつも気に掛けてくれて話しかけてくれました。みんな本当に面倒見がいいんです。だから自分からも話しかけやすく、緊張がほぐれたことを覚えています。イベントなどにもよく誘ってくれて、公私にわたりお世話になっています。バスの運転士は大型二種免許が必要ですし、誰でもできる仕事ではないと思うんですよね。「自分にしかできない仕事」という誇りを持って、これからも努力していきます。